FC2ブログ

月別アーカイブ

 2012年02月 

第35回 日本鯔学会 

第35回 日本鯔(ぼら)学会 
第1部
日時:2012年2月18日(土) 13:30~16:00
場所:東京海洋大学 楽水会館

第2部
日時:2012年2月18日(土) 17:00~20:30
場所:大富鮨(北品川)

第35回 日本鯔学会が、平成24年2月18日(土)東京海洋大学 楽水会館(第1部)、大富鮨(第2部)で行われました。
今回は、東京海洋大学の稲田博史先生のご協力を得て、大学院生を中心とした学生達とのコラボレーション企画となりました。

第35回鯔学会記事 稲田先生
出典:みなと新聞 記事

第1部

開会挨拶 伊藤 雄一(日本鯔学会 事務長)
司会進行 岡野 利之(日本鯔学会・東京海洋大学)
12021801
開会挨拶をする伊藤雄一 事務長
1.「鯔と船橋の漁業」
講 師:日本鯔学会学長 大野 一敏
(船橋市漁業協同組合 組合長、㈱大平丸 代表取締役社長)
・船橋市の漁業と鯔の紹介
  船祭りの伝統
  貝漁、まき網漁、底引き漁、のり養殖等
  世界の鯔食事情
・漁港(自然)と都会の共存について
  サンフランシスコの事例報告等
・「江戸魚釣り百姿」から鯔を学ぶ
  鯔語録
  江戸時代の鯔は高級魚
・放射能から東京湾を守るための対策
  一部報道機関に対する抗議と実態の説明
  放射能汚染対策の提案
12021802
船っ子気質と漁師言葉で語りかける大野 一敏 学長

2.「魚食と鯔とエネルギー」
講 師:東京海洋大学 海洋科学部 准教授 稲田 博史

・日本の食糧事情
  生産量だけでは測れない我が国の自給率
  国産の食糧生産に伴う化石燃料について
  食糧供給として重要な産業である漁業
・漁業という産業の特徴
  経済至上主義に対する警鐘
  水産資源の実態(沿岸漁業は過去40年間資源量が安定している)
・漁業における省エネルギー化対策と船橋の取組み
  サンマ漁船のLED集魚灯の取組み
  Eco-harmonic技術の開発
・「人を大切にする国、自然を大切にする国」であるために
12021803
アカデミックな話題をわかりやすく解説する稲田 博史 先生
12021804
50人近い来場者が訪れ、会場は満員になりました
120218051
1時間近くにわたる質疑応答と意見交換が活発に行われました
120218052
漁業と省エネルギーの観点から第1部のコメントを述べる(社)海洋水産システム協会 長島 徳雄 専務理事
120218053
鯔食文化と鯔語録の観点から第1部のコメントを述べる 大西 勇治 日本鯔学会 東京支部長
12021805
次回の鯔学会テーマ「燻製」について紹介する竹前 文夫 日本鯔学会会員

第2部

幹事 伊藤 雄一(日本鯔学会 事務長)
司会進行 岡野 利之(日本鯔学会・東京海洋大学)
乾杯 桝富 進(日本鯔学会会員)
   乾杯の音頭は、もちろん「ボラボー!」

12021806
第2部開会の挨拶を述べる日本鯔学会学長 大野 一敏
12021807
高知大学農学部大学院生による鯔をテーマにした研究の説明
12021809
鯔のDNAを研究するために鰭(ヒレ)をサンプル採取する高知大学院生(鰭酒がどうのこうのと言う声もあったようななかったような?)
12021808
鯔学会に参加した高知大学院生トリオは、鯔の調理法も学びました(・・・食べる方専門だったかも?)
12021810
東京海洋大学(OB、院生、学部生)のメンバーも鯔調理に参戦し、高知大学院生と交流を深めました
海洋大生(稲田研究室)の包丁捌きはさすがでした!
12021811
鯔の天ぷらです
12021812
冷凍鯔を解凍して刺身もいただきました(寒鯔だけあって脂がのっていました!)
12021813
鯔の素揚げです(高知大、海洋大合作)
食料の鯔も底をつき、宴もたけなわとなったところで閉会の前に、本日参加されたお三方から第2部のコメントを頂きました。
12021814
このたびの企画に関して第2部のコメントを述べる稲田 博史 先生(東京海洋大学) 
12021815
船橋市民として鯔学会の活動に関わりたいと抱負を述べる伏島 一平 日本鯔学会会員(開発調査センター)
12021816
福井県オバマ市からの参加者!地域水産業の活性化を目指してチャレンジし続ける平山 裕章 先生(福井県立小浜水産高校)
12021817
最後に第2部参加者で記念撮影!

皆様の積極的なご参加に厚く御礼申し上げます。
次回は、平成24年4月7日(土)を予定しています。
詳しくは、後日改めて会員へのメール通知およびこのブログでお知らせ致します。


問合せ先:日本鯔学会 事務局 事務長 伊藤雄一
Tel: 047-484-4018
Fax: 047-484-4020
(当日のみ)Tel: 090-2491-6934


報告者:岡野 利之(日本鯔学会会員)

スポンサーサイト



» お問い合わせ