FC2ブログ

海主くん便り 2014 年7月3日 


海主くん便り 2014 年7月3日

皆さんこんにちは。
昨晩は出港しました。

昨日はさかなクンが大平丸に来てくれました。
館山出身のさかなクンは館山の定置網によく顔を出すようです。つい先日も定置網に行かれたみたいです。
今館山ではゴマサバがとれているみたいですね。内湾には入ってきてないですね(>_<)
サッパは鱗つきで焼いて食べるようです。簡単でいいですよね!
お魚談義で盛り上がりました(^-^)
今日は珍しくおさかなクンが魚好きになったきっかけのマダコが数匹入りました。
さかなクンパワーでしょうか(笑)
sakanakunn.jpg

乗組員 山本浩司


日本鯔学会
発信者:伊藤雄一
管理者:岡野利之

スポンサーサイト



» お問い合わせ

海主くん便り 2014 年6月2日  

海主くん便り 2014 年6月2日

皆さんこんにちは。
昨晩は出港しました。


出現した魚は文字色
スズキ、コノシロ、カタクチイワシ、サッパ、ダツ、イシモチ、ニベ、ボラ、ギマ、アカカマス、タチウオ、サワラ(大)、アオアジ
、トビウオ、ホシザメ、ドチザメ、トビエイ、シリヤケイカ。

今日はいいサイズのタチウオが入りました。
NCM_2114.jpg
4本指~5本指の体高。

乗組員 山本浩司



日本鯔学会
発信者:伊藤雄一
管理者:岡野利之

» お問い合わせ

海主くん便り 2014 年5月28日 

海主くん便り 2014 年5月28日

皆さんこんにちは。
昨晩は出港しました。

出現した魚は
スズキ、クロダイ、コノシロ、サッパ、カタクチイワシ、アカカマス、サヨリ、メバル、ヒイラギ、マイワシ、アオアジ、マアジ、イシモチ、ボラ、トビウオ、ホシザメ、アカエイ、トビエイ。
アカクラゲ、ミズクラゲ。

南のほうでアカクラゲ多かったです(>_<)水温が低いからでしょうか。
今日はトビウオ入りました。
NCM_2102.jpg
珍しいo(^o^)o
胃の中はからっぽ。
飛ぶためですね。
画像下の個体から卵(とびっこ)が出てきました。メスですね。
お腹がでっぷり、多分飛べないでしょう(^_^)
美味しくいただきます。

乗組員 山本浩司


日本鯔学会
発信者:伊藤雄一
管理者:岡野利之

» お問い合わせ

海主くん便り1、2 号外 船橋港  

海主くん便り 号外1 船橋港 

皆様こんにちは。
少し前ですが、連休のことです。 私はもっぱら船橋港で稚魚たちとたわむれておりました(笑)
今ボラの稚魚がたくさんいます。
しかも太ってコロコロしてます。よく観察していると浮いた木に付着する藻をはんでいました。
東京湾は本当にボラがいっぱいいます。
日本一ではないかと思っています(あくまで予想)。
船首で見張りをしていると成魚のボラがたくさん泳いでいます。
あんまりニーズはなくてとりませんが。
美味い魚であることを知らない人は多いです。 ゴカイ類も局所的に大量に泳いでいました。これも魚の餌になるのでなんとなく嬉しいです。 港に泳ぐボラの群の下にはシマイサキの稚魚がいました。
魚は捕まえてみると思わぬ種類だったりします。群の中に違う種類が混じってたりもします。
実際に捕まえてみるまでわからないので、皆さんも是非とも捕まえてみてください。
意外な種類がとれるかもしれません。この時期から秋までいろいろな種類をみかけます。
昨年は船橋港でサンマの稚魚がとれてびっくりしました。
魚との出会いは一期一会です。
そのときの偶然の出会いです。
大平丸 号外01
画像①シマイサキ
大平丸 号外02
画像②ゴカイの仲間
NCM_2025.jpg
画像③ボラの稚魚
NCM_2045.jpg
画像④イシガレイの稚魚

海主くん便り 号外2 船橋港 


皆さんおはようございます。
今日の朝飯です。 カタクチイワシの干物。
イシモチの煮付け。
東京湾のカタクチは脂質分強いので、表皮に脂が浮いてきて乾きにくさはあります。
一日干して、焼きます。
NCM_2067.jpg
家庭用のグリルで強火ですと、頭も尻尾も焦げ焦げになってしまうので、弱火でじっくり鼻っ先がちょいと焦げるくらいまで焼いて丸ごと食べます、頭もサクサク、内臓はほろ苦く大好きな一品です。 イシモチは臭みのない魚です。
スズキやボラはたまにはずれがありますが、イシモチのはずれはないです。
イシモチは鮮度が落ちやすいですが、良ければ刺身もうまいです。
なめろうもネっとりして美味です。
煮付けも処理が簡単で良いです。
頭切って、内臓とって、飾り包丁いれて煮るだけです。
私はイシモチの場合、しょうがは入れず、水:酒:みりん:醤油(50ml)=4:2:2:1砂糖小さじ二杯で魚二尾、30分ほど煮こんだ後一日寝かせて食べます。
大平丸 号外03
うんわり甘く魚の味がよくわかる煮付けです。
大平丸 号外04
画像③はイシモチの石
いつも頭からとりだしてしまいます(笑)

乗組員 山本浩司


日本鯔学会
発信者:伊藤雄一
管理者:岡野利之

» お問い合わせ

海主くん便り!4月22日 

皆さんこんにちは。
4月22日は出港しました。
出現した魚は
スズキ、フッコ、セイゴ、コノシロ、コハダ、ボラ、クロダイ、キビレ、カタクチイワシ、サッパ、マイワシ、アカカマステンジクダイ、サクラマス(1)アカエイ、トビエイ、ツバクロエイ、シリヤケイカ、スルメイカ。ミズクラゲ、カミクラゲ、アカクラゲ。夜光虫。
昨晩はミズクラゲの群が入りました。今年初の大きな群でした。これからドンドン増えていきます(>_<)
見張りでは表層しか見えないので、中層あたりにいたのでしょう。 マイワシは二匹入りましたが大羽(大きいサイズ)でした。夏から秋にかけての予兆ならいいのですが! 画像はおかず用スズキ(セイゴ)の内脂肪(私の親指の先)です。この時期なのにとても脂のってます。
140422 daiheimaru 02

胃内容物は多毛類(ゴカイ、イソメの仲間、海に住むミミズみたいなやつでふ)でした。
今のとこ、スズキの胃の中にはカタクチイワシだったり多毛類だったりしてます。
多毛類は泥にいるから、スズキが地面をつっついてると思いきや、多毛類は夜、表層を泳ぎまわってるのをよく見かけます。多毛類は細いし、弱いから、スズキには気軽な餌かもしれませんね。
画像2はボラの子供、いなっこですね。このサイズは沖で逃がしてしまいます。
140422 daiheimaru 01

ちょうど干物にいいサイズでした。私のおかず用に確保したのです(^-^)
今、港にはさらに小さいボラ、オボコサイズが群てます。
よく太っててころころして可愛いんです。

乗組員 山本浩司


日本鯔学会
発信者:伊藤雄一
管理者:岡野利之

» お問い合わせ